MAX・NANA14年ぶりのソログラビア!美ボディー披露

女性グループ・MAXのNANA(39)が、スマホマガジン「週刊ジョージア」で14年ぶりとなるソログラビアに挑戦した。39歳、リアルアラフォー女性の日常と恋愛を再現し、ヨガのシーンではスレンダーで筋肉質な美ボディを惜しげもなく披露。「忙しい毎日の中、この作品を観てほんのひと時、心が和んでふと笑顔になってくれたら嬉しいです」とアピールした。

nana

NANAが出演したのは、山田孝之が表紙を飾るスマホマガジン「週刊ジョージア」のグラビア企画「純愛フォトノベル 妄想カノジョ」。毎号、一人の女性タレントが妄想の相手役を演じ、切ない純愛物語を高画質の写真で紡ぐグラビア企画だ。今回の撮影テーマは、恋愛から遠ざかっていたアラフォー女性が、バレンタインをきっかけに最後の恋に踏み出すというもの。


Sponsored Links


2002年に発表した写真集「NANA 24_7」以来、14年ぶりのソログラビアとなったNANAは「『妄想カノジョ』というタイトルからドキドキしてしまう企画に、今の私はどんな感じなの!? 大丈夫かな?って(笑)」と多少の不安を見せつつも、「そんなドキドキしている自分自身を楽しみながら撮影に挑みました!」と笑顔を見せた。

グラビアでは、ジャージ姿で“干物女”全開の休日や哀愁漂う一人焼き肉、ヨガでの自分磨きなど、39歳のNANAの生活ぶりを妄想できるカットを多数収録している。

NANAは「自分の休日にかなり似ています」と共感し、「家ではだいたいソファーで過ごしています」と設定さながらの私生活を告白。「自然体な自分の一瞬一瞬を切り取っていく撮影がとても新鮮でした。今までにないリアル感のある作品に仕上がっていて自分としても感激しています」と仕上がりに自信をのぞかせた。


Sponsored Links


出典:http://news.walkerplus.com/article/72226/