ようやく解明された「ベッキー」の「LINE」だだ漏れの真相

俵万智さんの編んだ『あなたと読む恋の歌百首』に、ドキリとする一首がある。〈新妻の笑顔に送られ出(い)でくれば/中より鍵を掛ける音する〉。防犯のみならず妻に秘密のミッションがあったとしたら……。年明け早々にベッキー(31)を襲った新婚ホヤホヤ男との不倫騒動。原因は「LINE」の中身がだだ漏れしていたことだが、ようやくその真相が解明されたのである。

becky

 ***

ベッキーのお相手は、旧臘(きゅうろう)、紅白初出場を果たしたバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル(27)。この男とベッキーとのLINE、すなわち「スマホを通じた私信のやりとり」は、彼のスマホから流出していた。

その詳細に触れる前に、事のあらましを振り返っておきたい。発端は、「週刊文春」(先月14日号)の報道によるものだ。文春は、〈相手の男の将来を憂うある音楽関係者〉から情報を得て、記事を綴っていた。

そこでは、2人の出会いから初デート、妻帯者であることを告白する男、ホテル外泊、クリスマスイブの密会などの模様が細大漏らさず、LINE上のやりとりを中心に明かされていたのだった。

これを受けてベッキーは、去る1月6日に記者会見を開き、大要こう述べた。

〈お付き合いではなく、友人関係である。とはいえ誤解を招いた軽率な行動だったと深く反省している。また笑顔で仕事ができるよう、大切に生きて行きたい〉

不倫の崖っぷちを描いた『美徳のよろめき』(三島由紀夫著)に、〈世間はなるほど情事に寛大ではありません〉とある通り、何かを言っているようで何も明かしていないその内容に世間は噛みついた。絶頂期には10本に垂(なんな)んとしたCMは、「報道直後から苦情電話が殺到した」(ローソン)せいで櫛の歯が欠けたようになり、挙句、22日に露出ゼロへ。ちょうどそのころ、またしても文春砲が炸裂。先に触れた会見の直前に交わされたLINEをキャッチして報じたのである。ベッキーはそこで、2人の関係については、

〈友達で押し通す予定!〉

としたうえで、

〈不倫じゃありません!〉

〈略奪でもありません!〉

〈楽しい春と夏になるよ〉

などと、あたかも道ならぬ恋を謳歌するような風情であった。果たしてその後、同じく10本を誇ったテレビのレギュラーも風前の灯で、今月中旬にはメディアから完全に姿を消しそうなのだ。


Sponsored Links


■“LINEクローン”
では、どのようにLINEは流出したのだろうか。

「当初は、男性に近しい人物が端末を直接見たとも疑われました。問題箇所を保存し、その画像をパソコンなどに送付する方法です」

と語るのは、ITジャーナリストの三上洋氏である。

「ただ、1度見られたと知れば、スマホを不用意に放置したりはしないでしょうから、その可能性は低い」

そこで目下、最も可能性が高いとされるのが、「LINEクローン」なのだ。

「これはアンドロイドのスマホには起きず、iPhoneにだけ発生する“弱点”です。機種変更でパソコンを通じてデータを引き継ぎますよね。その際、旧機種にはデータが残ったまま。初期化しない限り、ふたつの電話から、LINEが閲覧できる状況が生まれるのです」(同)

 パスコードを突破するなどいくつかの条件はあるにせよ、“中より鍵を掛け”た妻の、浮気の証拠集めの時間が始まるのだ。

 その一方で、不倫の証拠を握られないために有効な方法を質(ただ)すと、

「『Snapchat』というアプリを使うと、受信したメッセージが閲覧後に消えてしまいます。全体の捕捉は困難でしょう」(同)

 あたかも映画『ミッション:インポッシブル』を思わせるつくりであるが、他にも、フリーメールを使ったこんなやり方がある。

「3年前、当時のCIA長官の不倫が発覚しました。その折、長官は愛人と『2人で1つのGmailアカウント』を共有していた。伝えたいことがあれば、メールの交換ではなく、『下書き』としてメッセージを保存する。送受信の痕跡が残らない点で巧妙」(ITジャーナリストの井上トシユキ氏)

もっともこの関係は、当事者がさらに横恋慕し、司直の手が及んだ結果、露見するに至った。

桂米朝による上方落語『焼き塩』では、漢字を聞かれた魚屋がこう答える。

「司? あれは“同じく”いう字を二枚におろして骨つきの方や」

レギュラー番組の多くで司会を務めていたベッキーは逆に、骨抜きにされてしまった恰好である。


Sponsored Links


<参考>>http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160210-00505595-shincho-ent&p=2