SMAPが「生放送で素人と大乱闘」した“衝撃事件”

SMAPが「生放送で素人と大乱闘」した“衝撃事件”

かつてSMAPのメンバーとして活躍し、人気絶頂期だった96年、幼少期からの夢だったオートレーサーになる夢をかなえるため、グループから電撃脱退した森且行。レーサー転向後、2000年には、選手として最上級にあたるS級ランクとなり、優勝賞金だけで数千万円を稼いだ。生涯収入は5億円超えともいわれ、トッププレイヤーの一人となっている。

森はアイドル時代、木村拓哉と並び、SMAPの“2トップ”といわれていた。ビジュアルはもちろん、長身で運動神経が良く、歌もダンスも抜群。その分しゃべりは苦手だったが、テレビなどでは中居正広がそれをフォローしていた。ちなみに中居は、森の脱退記者会見にも同席し、森をアシストしている。
森がアイドルとして8年間過ごした中で、知る人ぞ知る“ハイキック事件”というものがある。これはSMAPがデビューから間もない1992年3月、『桜っ子クラブ』(テレビ朝日系)の「気合一発!! ザ・男対決」というコーナー中に起こった。これはSMAPチームが学生チームと騎馬戦で戦う企画だった。試合開始の合図とともに、両チームが勢いよく飛び出し、相手チームの騎乗者のヘルメットにつけられた紙風船を割ろうと争う。


Sponsored Links


すると興奮した学生の騎馬の1人が、SMAPチームの騎馬に膝蹴りを入れ、それにSMAPチームも応酬、乱闘の様相となる。言い争い、もみ合う両チーム。生放送でのハプニングに、ディレクター判断でCMに切り替わる瞬間、その光景は映し出された。

森の長い脚が、学生チームの1人に向かって放たれたのだ。華麗な上段回し蹴りは、きれいにキマり、相手を一発KOしてしまった。当時は、素人とケンカをしたと問題になったらしいが、鮮烈な蹴りのスピードや的確さは、メンバーやファンの間で語りぐさになった。

SMAPの結成20周年を祝い、2009年に放送された『SmaSTATION!! presents SMAP がんばりますっ!!』(テレビ朝日系)で、グループの歴史を振り返るVTRがあり、その中に問題の騎馬戦シーンもあったが、森のハイキックシーンはカットされていた。それを見た木村拓哉が「一番いいシーンがカットされてますよね」「あそこ、一番見たかったんだけどな」と暴露。同番組放送当時、ちょうど森がG1初制覇を果たしたことを受け、木村は「そんな彼もね、G1初制覇しました」とまとめ、メンバー全員から森へ祝福の言葉が贈られた。


Sponsored Links


森がグループを脱退してから20年、今年の年末で長い歴史に終止符が打たれるSMAP。かつてのメンバー森は、今なにを思っているのだろうか。
–http://taishu.jp/detail/25105/