水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」【コメント全文】

*** 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」【コメント全文】 ** 俳優の窪田正孝(31)と女優の水川あさみ(36)が結婚したことを22日、 双方の所属事務所を通じて連名で発表した。挙式・披露宴は未定。 2人は「互いに人としても役者としても尊敬する気持ちが強くなり」 と結婚の決め手を明かした。 連名の文章で2人は「この度、私たち窪田正孝と水川あさみは 2019年9月21日に入籍いたしました」と発表。 2017年フジテレビ系のドラマ『僕たちがやりました』で共演をきっかけに、 交際に発展したとし「互いに人としても役者としても尊敬する気持ちが 強くなり共に手をとり生きていきたいと約2年の交際期間を経て結婚に至りました」 と結婚を決意した理由を明かした。 続けて「これまで以上に謙虚に高みを目指し役者業に専念する と共ににぎやかで面白い家庭を築いていきたいと思っています」 と仕事と家庭の両立を宣言。 そして「未熟者の2人ではありますが、 何卒あたたかい目で見守って頂けたら幸いです」と呼びかけた。 窪田は、1988年8月6日生まれ、神奈川県出身。B型。 2006年、フジテレビ系ドラマ『チェケラッチョ!! in TOKYO』で初主演を果たす。 以降、日本テレビ系ドラマ『デスノート』、 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』、 映画『東京喰種 トーキョーグール』などで主演を務めるほか、 NHK連続テレビ小説『花子とアン』、NHK大河ドラマ『平清盛』、 日本テレビ系ドラマ・映画『ラストコップ』シリーズなど話題作に出演。 2020年春から放送されるNHK連続テレビ小説第102作が 『エール』(月~土 前8:00 総合ほか)の主人公を務めることが決定している。 水川は、1983年7月24日生まれ、大阪府出身。AB型。 1996年にCM『ヘーベルハウス』(旭化成)でデビュー。 フジテレビ系ドラマ『西遊記』、『のだめカンタービレ』、 『ラスト・フレンズ』など話題作に多数出演。2008年、 日本テレビ系ドラマ『夢をかなえるゾウ』では連続ドラマ初主演を務めた。 コメディからホラー、社会派まで、あらゆる役を演じ分ける女優として活躍する。 2人は、17年フジテレビ系のドラマ『僕たちがやりました』で共演。 ドラマでは、水川が担任の教師を、窪田が主人公の生徒役を演じた。 同年12月には『FRIDAY』が、2人の同せい愛を報道していた。 18年1月には、映画『犬猿』の舞台あいさつに窪田が登壇したが、 熱愛について声をかけられるもコメントすることはなかった。 ***>>> 出典:*****

つづきを読む

坂口杏里、謎インスタ翌日の逮捕劇 「あの投稿か」と話題

**************** 坂口杏里、謎インスタ翌日の逮捕劇 「あの投稿か」と話題 **************** 元タレントの坂口杏里容疑者(28)が、 2019年8月28日に逮捕されたことが「ひるおび!」 (TBS系)内のニュースで報じられ、話題になっている。 報道によると、坂口容疑者は同日11時半ごろ、 元交際相手の男性の自宅マンションに侵入したとの容疑で逮捕されたという。 これを受け、ネット上では「あの投稿のことか!」と話題になっている。 「逮捕されたのこれじゃん」 坂口容疑者は逮捕前日の27日、 「元カレにタクシー代返してと言って部屋の前まで行ったらドアに指を挟まれました。 私が悪いと言われたのですがタクシー代返して頂くことは何も悪くないので、 とりあえず痛かったのと血まみれにされてしまいました。あと腫れが凄まじいです」 とのメッセージを添えて、負傷した左手の写真をインスタグラムにアップ(現在は削除)。 写真を見ると、左手の中指と薬指に血が流れ、 ぷっくりと膨れ上がるように傷口から出血している部分もあることが分かる。 ただならぬ写真を見たファンからは「大丈夫ですか?」、 「早く病院へ」と怪我の具合を心配するコメントが相次いでいた。  その翌日に流れた坂口容疑者の逮捕の一報。 このため、ネット上では坂口容疑者についての投稿が続々と上がる事態となっている。 あるツイッターアカウントは、「逮捕されたのこれじゃん」と、 27日の投稿と28日の状況が類似していることから 同一の案件ではないかとのツイートを行った一方、 ネット掲示板では「追い返されてドアに挟んだとか言ってたやつ」と、 写真に添えられたメッセージを思い出したとする指摘も上がっている。 **ネットの声** 「お母さんを早く亡くしたとか芸能界や周りの環境がどうの~とか関係なく、そもそも可笑しな人なんじゃないか? 普通に社会生活を送れるような人格形成がされていないと思う。」 「ホストって理由があってお金を稼ぎたい人が多いから、どれだけ好きになったとて1番に大切にしてもらえる存在になりえないことがほとんどだと思う。」 Ref:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190828-00000001-jct-soci

つづきを読む

ジャスティン・ビーバーが突然渋谷の街に現れた!

ジャスティン・ビーバー来日記! 東京の街中で自身のブランド 「Drew House」のステッカーを貼りまくり宣伝!? ******* 現在来日中の人気歌手ジャスティン・ビーバーが、 東京の街中で、自身のファッション・ブランド「Drew House」をアピールしている。 7月30日(火)、 ジャスティン・ビーバーとヘイリー・ビーバーが夫婦そろって来日を果たした。 ヘイリーは現在自然派コスメブランド「ベアミネラル」 のアンバサダーを務めており、 新商品のローンチイベントのため来日。 ジャスティンはヘイリーの付き添いという形で来日を果たした。 それぞれ過去に来日したことはあるが、 夫婦そろって来日するのはこれが初めてだ。 日本到着直後、ジャスティンとヘイリーは原宿や渋谷を散策。 渋谷のセンター街の路上でポーズを決め撮影している姿も目撃された。 詳細本文 >>>> 出典:https://www.tvgroove.com/?p=16860

つづきを読む

吉本「反旗芸人」に血の粛清が始まった(2)直談判の席で威嚇された

吉本「反旗芸人」に 血の粛清が始まった(2)直談判の席で威嚇された!!!!! ***** このグダグダ会見に激しくかみついたのが、 極楽とんぼ・加藤浩次(50)だった。 「この経営陣が変わらないなら、俺は吉本を辞める」 岡本社長の会見翌日、 みずからが司会を務める「スッキリ」 (日本テレビ系)で、大崎=岡本体制に異議を申し立てたのだ。 「その日のうちに会長に直談判を行いましたが、 さすがの狂犬・加藤でも会長のクビを取るのは無理。 そもそも闇営業騒動にはまったく関係が ない加藤がいきりたった背景には、相方・山本圭壱(51)が 未成年少女を相手に起こした06年の不祥事があります。 当時、社長だった大崎さんから山本の契約解除と、 コンビ解散を命じられ、10年間復帰を認められなかった。 同様の未成年スキャンダルを起こしながらも 1年足らずの謹慎処分だけで早期復帰を果たした板尾創路(56)が、 松本一派の恩恵にあずかったという積年の恨みが根にあるんです」 (吉本関係者)>>>> 出典:https://gunosy.com/articles/a7ptV?s=l

つづきを読む

日テレ24時間TVランナー“消えた候補2人”裏事情 手越、宮川は大乗り気も

8月24~25日に放送される日本テレビの夏の看板番組 「24時間テレビ」の“リレー”マラソンランナーが先日、 いとうあさこ(49)と、 お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしこ(28)の2人に 決定したと発表されたが、 たすきをつなぐ残り2人は未定とされている。 そんななか本紙は日テレ関係者から、 女優の木村佳乃(43)と「たんぽぽ」川村エミコ(39) の2人で“ほぼ内定”との情報をキャッチした。  毎年この時期になると、 お約束のようにネット上での予想合戦が盛り上がる 「24時間テレビ」のマラソンランナー。 今年は4人のランナーがそれぞれ42・195キロのフルマラソンを走り、 たすきをつなぐ「駅伝形式」になることと、 いとうあさこと「ガンバレルーヤ」のよしこの 2人が決定済みであることが2週間前に発表された。  こうなると「後の2人は誰が走るんだ?」 とネット上で騒ぎになるのは自然な流れといえよう。 それが日テレの狙いでもある。 そうしたなか、 本紙は関係者から貴重な情報をキャッチした。 「現在、>>> 本文:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190728-00000003-tospoweb-ent

つづきを読む

「吉本芸人なんて全員ヤクザ」太田光の発言にサンジャポのスタジオ騒然

「吉本芸人なんて全員ヤクザ」太田光の発言にサンジャポのスタジオ騒然 ***** 太田光が7日の「サンデー・ジャポン」で、闇営業問題について言及した 番組で太田は「笑い飛ばせばいい」「吉本芸人なんて全員ヤクザ」などと発言 スタジオが騒然となる中、田中裕二が「謝罪して、訂正します」と場を鎮めた ***** お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(54)が7日、 MCを務めるTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜前10・0)に生出演。 吉本興業を中心とするお笑い芸人が 反社会的勢力の会合に参加した闇営業問題について 「吉本芸人なんて全員ヤクザですからね」と発言しスタジオを騒然させた。  番組では闇営業問題を特集。 吉本の芸人と仕事する機会が多いと言うフリーアナウンサー、 田中みな実(32)は「騒動が報じられたばかりの頃って、 吉本の芸人さんがいらっしゃると、 闇営業の話とかネタとしてあったけれどもこれだけ(話が) 大きくなったら流石に冗談でも言えない空気感になってるかなって私は感じます」 と現場の状況を明かすと、 太田も「吉本の芸人もみんなシリアスな感じになっちゃってるからね。 笑い飛ばせばいいと思うのにね。 だって吉本芸人なんて全員ヤクザですからね」とトンデモ発言。  スタジオが騒然となる中、相方の田中裕二(54)が 「謝罪して、訂正します」とすかさず対応し場を鎮めた。 src:https://news.livedoor.com/article/detail/16736686/

つづきを読む