慰安婦「強制」めぐる日本政府発言が韓国で大波紋 メディアと政府の「温度差」広げる

いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる国連の委員会での日本政府代表の発言をきっかけに、2015年12月の「日韓合意」をめぐる微妙なさや当てが再び始まった。 日本側は「軍や官憲による強制連行は確認できない」とする従来の立場を繰り返 …

つづきを読む