金谷拓実が史上4人目のアマ優勝 松山以来8年ぶり

*** 金谷拓実が史上4人目のアマ優勝 松山以来8年ぶり **ネットの声*** 「勝負強いね。今後が楽しみです。 おめでとう!」 「素晴らしいね!おめでとう! 来年 4回生でプロ入りして 松山路線かな? 今後の大活躍が楽しみですね。。」 「優勝おめでとうございます しかも、このビックトーメントで! 松山の後輩凄すぎます。 あせらずケガせずプロ宣言して海外で活躍どうしても期待しちゃいます。」 ***記事内容*** ◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 最終日(17日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70) 単独首位で出たアマチュア世界ランキング1位の金谷拓実(東北福祉大3年)が1イーグル6バーディ、3ボギーの「65」をマークし、通算13アンダーで逃げ切り優勝した。2011年大会の松山英樹以来となるツアー史上4人目のアマチュア優勝を飾った。 アマ優勝は1980年の倉本昌弘(中四国オープン)、2007年の石川遼(マンシングウェアオープンKSBカップ)、11年の松山(三井住友VISA太平洋マスターズ)に次ぐ。 同じ最終組のショーン・ノリス(南アフリカ)と通算11アンダーで並んだ最終18番(パー5)で、2オンに成功。7mのスライスラインをねじ込んでイーグルを奪い、バーディとしたノリスを1打差で振り切った。 優勝インタビューで「(東北福祉大OBの)松山選手から『プロのトーナメントで勝て』と言われていた。松山選手は世界トップレベル。早く同じステージで戦えるよう頑張りたい」と語った。 金谷は広島県出身の21歳。広島国際学院高在学中の2015年に「日本アマチュア選手権」を史上最年少の17歳51日で制覇。東北福祉大に進学し、18年の「アジアパシフィックアマチュア選手権」で優勝し、19年の「マスターズ」に出場した。 2位にノリス。通算8アンダーの3位にY.E.ヤン(韓国)が入った。 >>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191117-00000006-gdo-golf

つづきを読む