美人プロ三浦桃香「ちょっとスカート短いかな」 観衆ザワつく

** 美人プロ三浦桃香「ちょっとスカート短いかな」 観衆ザワつく デサント東海クラシックに出場している、美人プロとして人気の三浦桃香 名前と同じ桃色の鮮やかな「勝負服ウェア」を着こなし、笑顔でプレーした しかし、短いスカートのせいか、ボールを拾う際に観衆がザワついていたそう ** 女子プロゴルフツアー デサント東海クラシック 第2日(21日、愛知・新南愛知CC美浜C=6437ヤード、パー72) 美人プロとして人気の三浦桃香(20)=アウトソーシング=が3バーディー、 1ボギーの70で回り、通算1アンダーとして、 スタート前の52位からホールアウト時点で、 予選通過ライン(50位タイまで)ぎりぎりの50位に浮上した。 今季23試合目で6度目の決勝ラウンド進出となるか、後続の選手次第となった。 この日、三浦は10番からスタート。 スコアを2つ伸ばして迎えた18番パー4で池ポチャのボギーをたたいたが、 直後の1番でバーディー。その後はスコアをキープした。 「18番以外は耐えることができた。 少しバーディーが少ないけど」と3バーディー、 1ボギーのラウンドを振り返った。 主催のデサントと契約する三浦は“勝負服”でプレー。 「本当は最終日で着る予定でしたが、 最終日は(レインウェアを着用する)雨の可能性もあるので、きょう、着ました。 どうしても、このかわいいウェアを見てもらいたかった」と、 名前と同じ桃色の鮮やかなウェアを笑顔で自慢した。ただ、 その後は苦笑い。 「ちょっとスカートが短いかな。練習グリーンでボールを拾おうとしたら、 後ろ(のギャラリー)がザワついていました」 今大会は第2日の競技終了後に恒例の「ドライビング女王コンテスト」が行われる。 昨年、3位だった三浦は「ドラコン、頑張ります」と意欲的に話した。 続き本文へ***>>> 本文:*****

つづきを読む

韓国が日本に通貨スワップ再開を熱望か、背景にウォンの脆弱さ

** 韓国が日本に通貨スワップ再開を熱望か、背景にウォンの脆弱さ ** 韓国側に日本との通貨スワップ再開を渇望する声があると夕刊フジが報じた 専門家は、通貨ウォンの脆弱さという切迫した事情が背景にあると指摘する 「日本なら締結して当然と厚かましく思っているのかもしれない」とも述べた *************************** 戦後最悪ともいわれる日韓関係のなか、 文在寅(ムン・ジェイン)政権から日本との 「通貨交換(スワップ)協定」の再開を渇望する声が出ている。 「反日」に走り、日本製品や日本への旅行の「ボイコット」を放置しているというのに、 なぜ厚かましくも日本とのスワップ再開にこだわるのか。 専門家は、通貨ウォンの脆弱(ぜいじゃく)さという切迫した事情が背景にあると指摘する。 韓国のCBSは12日、殷成洙(ウン・ソンス)金融委員長が、 日本との通貨スワップ再開を希望する意思を明らかにしたと報じた。 金融危機が発生した場合に外貨の流動性が保障されるほか、 国家の信頼度が向上の狙いとして、人事聴聞会で 「日本と新たに締結したほうがいい」と発言したという。 通貨スワップ協定は、貿易決済や為替介入などに必要な外貨が不足した場合、 外貨と自国通貨を交換し合う仕組み。経済危機の際の外貨不足に対応できる。 1990年代後半に韓国が国際通貨基金(IMF)に 救済されるなどアジア通貨危機が起きたことから、 日本は東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓が参加する 「チェンマイ・イニシアチブ」を主導。2001年に韓国との通貨スワップを締結した。 11年に700億ドル(約7兆5000億円) 規模まで融通枠を拡大したが12年に李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)が 島根県・竹島に上陸するなど日韓関係の悪化を受けて規模が縮小。 朴槿恵(パク・クネ)政権当時の15年、 日本側の忠告にもかかわらず韓国側が一方的に破棄した。 16年にいったん協議再開が決まったが、 同年末に釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像を韓国が撤去できず、協議は中断した。  その後も韓国側からは何度も“ラブコール”が送られている。 韓国の経済団体「全国経済人連合会(全経連)」の代表団が18年に訪日した際、 自民党の二階俊博幹事長らを表敬訪問し、通貨スワップの再開をもちかけた。 延世大のキム・ジョンシク教授は、今年3月の中央日報に 「日本との通貨スワップを拡大することも検討する必要がある」と述べている。 韓国が日本との通貨スワップ再開を熱望する理由について、 ジャーナリストの須田慎一郎氏は「韓国の場合、 ウォン建ての国債を発行してもリスクがあるため、 投資家に信用されていない。 急激なウォン安に備えてドル資金を確保するためにも 通貨スワップ協定を結んでおきたい」と解説する。 続き本文へ***>>> 本文:***>>>

つづきを読む

1000万円超えのポルシェに値切り交渉 いくら安くなるのか

1000万円超えのポルシェに値切り交渉 いくら安くなるのか ** 増税前に1000万円超えのポルシェを値切ると、いくら安くなるのだろうか 実際に筆者がスーツを着て出向き、支払い総額1056万5605円のマカンで交渉 「増税前になんとしても買いたい」と伝えて粘ると55万円の値下げに成功した 2度にわたって延期されてきた消費増税もついに実施のとき。 来る10月に入る前にお得に買い物を済ませるべく、 取材班が直接現場に赴き、値切り交渉をしてきた!  今回は新車と中古車。国産車だけでなく1000万円超えの 高級外車・ポルシェではいくら安くなったのか、 値切り交渉してみた結果は―― ◆値切り交渉で狙うべきお店 ステータスでもあり家族旅行の際も便利なクルマだが、 購入費はどうしても高額。そこで、新車と中古車をそれぞれ値切るべく、 自動車ライターの小鮒康一氏にアドバイスをもらった。 「9月は増税前というだけでなく決算期でもあるため、 各社販売目標に到達すべく、値切り交渉がしやすい時期です。 もちろん乗りたい車種を買うのが一番ですが、 新車購入で狙い目なのは不祥事があった日産か三菱。 そのなかでもnoteは人気車種で市場にたくさん出回っているため、 値切りのチャンス大。 一方マツダは、一時期、 値下げしまくっていたことが響いてブランド価値が下がってしまっており、 その復興のために値切りにはなかなか応じてくれません」 では、狙うべきお店は? 「どのディーラーでも構いませんが、可能なら何店舗か回ると、 ノルマを達成して余裕な店とそうでない店で値切りやすさが変わりますし、 競合させることもできます」 交渉は“即決する感”が重要。 ***>>> 出典:*****

つづきを読む

潜ったまま戻らず タンザニアで「水中プロポーズ」の米国人男性が死亡

*** 潜ったまま戻らず タンザニアで「水中プロポーズ」の米国人男性が死亡 *** タンザニアの海中ホテルに滞在していた米国人男性がプロポーズ中に死亡した 19日、男性は海に潜り、窓の外から求婚の手紙を交際相手に見せていたという だが男性は戻らず、交際相手はSNSで「答えは100万回のイエス」と嘆いている *** 米国人の男性が交際相手の女性へのプロポーズで海に潜ったまま戻らず死亡し、 警察が状況を調べている/from Facebook (CNN)アフリカ東部タンザニアのホテルに滞在していた米国人男性が、 交際相手の女性へのプロポーズで海に潜ったまま戻らず、 死亡したことが22日までに分かった。地元当局が詳しい状況などを調べている。 現地のCNN系列局によると、 死亡したのは米ルイジアナ州出身のスティーブン・ウェバーさん。 交際相手のケネシャ・アントワンヌさんとともにタンザニア北部沖のペンバ島を訪れ、 海中ホテルとして知られる 「マンタ・リゾート」に滞在していた。 アントワンヌさんが20日、 フェイスブックに投稿したビデオやコメントによると、 ウェバーさんは19日、海中につくられた寝室の窓の外から、 透明な袋に入れた手書きの紙をアントワンヌさんに見せた。 紙には「君のどんなところが好きか、 全てを伝えられるほど長く息を止めていられない。 でも君の好きなところを毎日ますます好きになる」 「ぼくの妻になってくれないか」と書かれていた。 だがウェバーさんは海に沈んだまま、戻ってこなかったという。 アントワンヌさんは「私の答えは100万回のイエスだったのに、 あなたがそれを聞くことはなかった」と嘆き、 最後に幸せな数日間を過ごしたことだけが慰めだと書き込んだ。 マンター・リゾートは21日の声明でウェバーさんの死亡を確認し、 アントワンヌさんや遺族らに弔意を表した。 米国務省もタンザニアで米国人旅行者が死亡したことを確認したが、 詳細には言及しなかった。 出典:***** https://news.livedoor.com/article/detail/17119921/

つづきを読む

韓国検察がチョ・グク法相を公職者倫理法違反容疑で捜査 韓国紙報じる

***** 韓国検察がチョ・グク法相を公職者倫理法違反容疑で捜査 韓国紙報じる 不透明な家族ファンド疑惑のあるチョ・グク法相について韓国紙が報じた 韓国検察がチョ氏を、公職者倫理法違反容疑で捜査しているという チョ氏の聴取は避けられず、進退問題に発展すると伝えている ********** 韓国紙・朝鮮日報は18日、チョ国グク法相(54)の 家族ファンドを巡り、検察がチョ氏を公職者の直接投資を 禁じる公職者倫理法違反容疑で捜査していると報じた。 チョ氏の聴取は避けられず、進退問題に発展すると伝えている。 チョ氏は2017年5月に大統領府民情首席秘書官に就任した。 チョ氏の妻ら6人は約2か月後にファンドに出資し、 親族の男(逮捕)が実質的に所有する運用会社に委託した。 朝鮮日報によると、検察は男がチョ氏と妻の2人に ファンドの運用方針を伝え、 チョ氏らの意見を実際の運用に反映させた事実を確認しているという。 出典:***** https://news.livedoor.com/article/detail/17101533/

つづきを読む

UAPと形容 UFOをとらえた映像を米海軍が未確認物体に分類すると確認

********** UAPと形容 UFOをとらえた映像を米海軍が未確認物体に分類すると確認 UFOをとらえたとされる映像について、米海軍が未確認物体だと認めた 正体不明の物体は、軍の機密指定が解除された3本の映像に映っている 海軍報道官は取材に対し、この物体を「未確認航空現象(UAP)」と形容した ********** (CNN)空中を高速飛行する未確認飛行物体(UFO)をとらえたとされる映像について、 米海軍がようやく、未確認物体に分類していることを確認した。 正体不明の物体は、軍の機密指定が解除された3本の映像に映っている。 海軍報道官はCNNの取材に対し、この物体を「未確認航空現象(UAP)」と形容した。 映像は2017年12月~18年3月にかけて公開されたもので、 高速移動する長方形の物体を、高性能赤外線センサーがとらえている。 このうち2004年に撮影された映像では、センサーがとらえた物体は急加速して 画面の左側に消えていた。センサーは物体の速度に追いつけず、再発見することはできなかった。 残る2本はいずれも2015年の映像で、戦闘機のパイロットが交わした 「ドローンだ」「全部風に逆らってる」「見ろよ、あれ!」といった会話が収録されている。 海軍報道官によると、UAPに関する情報公開の目的は主に、 パイロットの安全を脅かしかねない訓練空域への「侵入」について、訓練生による目撃情報の報告を促すことにある。 ***>>>> 出典:***** https://news.livedoor.com/article/detail/17104580/

つづきを読む

韓国大統領府が日本語サイト、韓国の主張を全て日本語で

********** 韓国大統領府が日本語サイト、韓国の主張を全て日本語で **ネットの声*** 「大統領府が作成したHPを見ました。日本政府ではなく日本国民に対するアピールのために作成したようですが、日本人には読みづらい構成ですね。 日本と韓国とのPRの闘いは、実は日本が優勢です。かつて竹島の領有について、日韓がそれぞれが主張に関する動画を作成しましたが、日本の動画の方が再生回数が多かったのです。 この時、日本は英語など数か国語のものを作成しました。今回も国際的に日本の立場を主張すべく、ハングルに限らず英語などのバージョンを作るべきでしょう。 韓国は貿易問題を安全保障問題(GSOMIA破棄決定)、環境問題(IAEAへの提訴)まで広げています。日本の立場をきちんと説明するためにも、正確で読みやすい広報活動は必要です。」 「日本も主張しないと駄目。主張しなければ例え韓国が悪くても海外は何も言わないのは認めていると勘違いしてしまう。」 **** 輸出管理をめぐる日韓の対立が長引くなか、韓国大統領府は、韓国の主張を日本語でまとめた特設サイトを初めて開設しました。  日本の輸出管理強化に反発する韓国大統領府が18日に開設した特設サイトには、韓国が主張する「日本の措置の問題点」や「韓国の立場」がすべて日本語で掲載されているほか、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の発言などが日本語の字幕付きで紹介されています。  日本語特設サイトの開設は初めてで、韓国大統領府の関係者は、「日本の国民やメディアに我々の立場と対応を知らせることが重要だ」と説明。  輸出管理問題をめぐって、WTO=世界貿易機関への提訴に踏み切った韓国としては、その主張を伝える姿勢を見せることで、今後の紛争解決プロセスで優位に立ちたいとの狙いもあるとみられます。(18日18:27) 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190918-00000103-jnn-int

つづきを読む

TOKIO急転 “城島結婚発表&山口復帰プラン”裏にジャニーさんの遺言

***** TOKIO急転 “城島結婚発表&山口復帰プラン”裏にジャニーさんの遺言 ***** **ネットの声*** 「私は、被害にあった方と彼との間でしっかりと問題が片付いて、被害者が『彼がテレビに出てもいい』と思っていてということなら、 山口君は復活してもいいのではと思う。 一般の視聴者が、過去にそんな事をしてしまったタレントをテレビで観たいかという問題はあるけど、それはそういう人が彼を見なければいいのでは。 そういう人が多ければ、山口君やTOKIOは淘汰されていくでしょうし、 頑張ってる様子で許す気持ちも芽生えるかもしれないし、芽生えないかもしれない。 ただ、『どん底からこんなに頑張った』とかいう美談には絶対にして欲しくない。」 「 rグループの愚行もあるし、復帰なんかしたら批判は間違いないから相当難しい。 確かにTOKIO山口がいない事は鉄腕DASHとしては違和感あるし バンド形態としては成り立たない。 仮に復帰するであれば山口自身も過去の過ちを抱えながらテレビに出てる事になり精神的な苦労は想像以上だと思う。でもアイドルというよりロックバンドと見れば、過去に犯罪歴ある人はいますし、ゼロでは無いともいえるかも」 ********** 未成年の少女に対する強制わいせつ容疑で昨年4月に書類送検(起訴猶予)され、表舞台から姿を消した「TOKIO」の元メンバー山口達也(47)の“復帰プラン”が明らかになった。衝撃の引退から1年4か月、山口は先月29日に発売された「女性セブン」のインタビューに登場し、TOKIO復帰を否定したが、ジャニーズ事務所の一部幹部は水面下で必死に動いているというのだ。なるべくハレーションを起こさないように、リーダー・城島茂(48)の晴れの日が“復帰舞台”に選ばれそうだ。 先月、本紙は「TOKIO解散秒読み」と伝えた。山口が抜け音楽活動がゼロになったことで、長瀬智也の不満が爆発しているからだ。裏を返せば、山口が戻って再び音楽活動を再開すれば、長瀬の不満も収まり、業界に吹き荒れているTOKIO解散説も鎮火するだろう。 とはいえ、山口の復帰へのハードルは限りなく高い。 山口自身も女性セブンの直撃取材に「それは…ありません。芸能界に私の居場所はないですから」と断言しているからだ。ところが急転直下!! ジャニーズの一部幹部は本気で復帰させようと動きだした。事情通がこう明かす。 「実はここだけの話ですが、山口の復帰話は確実に、静かに水面下で進行し始めた。世間のリアクションをうかがいながら、時が来れば一気に山口を表舞台に出させるつもりです」 なぜここまで山口にこだわるのか? *****>>> 続き本文へ***>>>

つづきを読む

菅直人元首相に“逆批判”炸裂! 千葉・台風大停電「初動の遅さ」猛批判するも…ネット上では「お前が言うな!」

***** 菅直人元首相に“逆批判”炸裂! 千葉・台風大停電「初動の遅さ」猛批判するも…ネット上では「お前が言うな!」 **ネットの声*** 「知ったか振りして、原発災害を大きくした元総理だから、巨大なブーメランが返って来るのは当然な報い。それこそ、訴えられても仕方ない。日本国民はこの事実を忘れる事は無い。良く日本に住んでいられる神経がわからない。」 「都合の悪いことの記憶が喪失してしまうのは、左側の方たちによくある傾向ですね。 まぁ、右側にもいるけど間抜けなほどの方は主に旧民主に多いように思います。」 「貴方も東北震災の時、現地ではちゃちゃな指示を出してましたね。」 「此の人は何も言わない方が良い。 市や千葉県が早く対応出来れば良かったが、 森田健作知事の動きが遅かった。 何でもかんでも国の責任と言うのは可笑しいだろう。 自衛隊は頑張ってるではないか。」 **************** 菅直人元首相(立憲民主党最高顧問)が、 台風15号で千葉県内に大規模な停電や断水の被害が出たことについて、 安倍晋三首相や東京電力の「初動の遅さ」を猛批判している。 確かに、今回の災害対応には疑問も多いが、 菅氏といえば民主党政権時代の東日本大震災(2011年)での対応が 非難された張本人ではないのか。 ネット上では「お前が言うな!(おまゆう!)」と、 逆に批判にさらされている。 《千葉県の停電に対する東電と安倍総理の対応はあまりにも遅い》 《安倍総理は内閣改造が忙しくて、初動が遅れたことは明らか。 危機管理にとって初動の遅れは致命的。責任は大きい》  菅元首相は16日、ツイッターでこう発信した。  千葉県では台風通過から8日となる17日午前9時時点で、 約6万4000戸の停電が続いている。公立小中学校も14校が再開できていない。  菅義偉官房長官は17日の記者会見で、 「政府一体で警戒態勢を確保し、対策を進めている。 今回の災害対応は台風の上陸前から迅速、 かつ適切に行われた」と語ったが、 一連の対応を疑問視する声は確かにある。 ***>>> 出典:*****

つづきを読む

世界ランク1位もマナーが悪い? 審判員が侍JAPAN戦士に指摘

**************** 世界ランク1位もマナーが悪い? 審判員が侍JAPAN戦士に指摘 **************** 世界ランク1位の侍JAPANだが、他国からはマナーが悪いと言われているという 捕手のミットずらしは、審判を騙そうとする意思表示だと捉えられるそう 試合後の抗議もマナー違反で、文句を言うのは審判への敬意がないとのこと **************** 一塁コーチャーの「セーフ」「捕手のミットずらし」 「試合後の抗議」審判員を30年務めた山崎夏生氏が指摘するポイント  1982年からパ・リーグの審判員を務めた山崎夏生さんは、 2018年に審判技術指導員を退職した後、 審判の権威向上を目指して講演や執筆活動を行っている。 今回は審判員から見た国際大会のマナーや誤審問題について解説。 日本は「マナーが悪い」と言われているという。その理由は……?  国際大会の歴史にも、審判の存在が印象強い大会もあります。 2006年のWBCのボブ・デービットソンさん。日本でも有名な審判です。 「世紀の大誤審」と言われた騒動は2次リーグ初戦の米国との一戦で起きました。 3-3の8回1死満塁。岩村明憲選手の左飛で、三塁走者の西岡剛選手がタッチアップし、 生還しました。 しかし、米国代表・マルティネス監督が、 離塁が早いと抗議し、判定が覆りました。  審判の立場から言わせていただくと、 日本のチームを応援したいけれど、非難する気持ちにならなかったです。 それも野球のうちなんだと。もちろん、なぜ、あれが(離塁が)早く見えたのかな? という素朴な疑問はありましたが……。 また、米国の監督が抗議に言っていますが、ジャッジは塁審が下すべきじゃなく、球審がやるべきところ。 だけど、責任審判の名のもとに彼がひっくり返してしまった。本来は球審がやるべきジャッジを塁審がやってしまったからです。審判3人がアメリカ人で、1人がオーストラリア人だったこともシステム上、大きな問題だったと思っています。 ****>>>> 出典:*****

つづきを読む