相次ぐ理事長交代、職員大量退職…そして21億円が消えた

***相次ぐ理事長交代、職員大量退職…そして21億円が消えた 高い倫理観が求められる教育機関の元トップが巨額横領事件の容疑者として逮捕された。 舞台となった学校法人明浄学院では近年、役員の交代や職員の一斉退職といった“異常事態”が続発し、学生や保護者の間でも動揺が広がっていた。 法人は大阪観光大のほか、まもなく創立100周年を迎える女子校の明浄学院高なども運営しているが、関係者によると、学生数の減少もあり、資金繰りが悪化していたという。 経営の改善を図ろうとした法人は平成27年、理事の大半を入れ替えるなどし、てこ入れを図った。そして29年6月、外部から理事長に登用されたのが大橋美枝子容疑者だった。 だが、大橋容疑者が何を請われて教育機関の舵取りを託されたのかははっきりせず、自らが絡む資金流用疑惑の発覚により、法人を去っている。 法人の運営はその間も迷走し、大橋容疑者も含めて4人もの理事長が交代する事態に。高校で働いていた教職員は「アットホームだった教育現場は崩壊した。 教員側は、運営陣から何をされるか分からない状態だった」と証言。賃金カットなどもあって29年3月末には約20人の教職員が一斉退職している。 学校経営をめぐる混乱は保護者にも波及。状況を具体的に説明しない学校側に不信を募らせた一部の保護者と法人側が名誉毀損(きそん)などを主張して、訴訟沙汰にもなった。 公表資料などによると国は日本私立学校振興・共済事業団を通じて16~30年度に計14億7千万円、大阪府も26~30年度に計9億8千万円を法人に補助していた。 一連の問題が報じられたことを受け、文部科学省は今年度分の国の補助金を保留に。府も過去の補助金がどのように使われたのか調査に乗り出している。 本文へ***>>> 出典:*****

つづきを読む

中国の息の根、止めてやる。香港人権法案を成立させた米の本気度

***中国の息の根、止めてやる。香港人権法案を成立させた米の本気度 混乱が続く香港情勢を受け、ついに11月27日、 「香港人権法案」に署名したトランプ大統領。 これにより、 香港問題は新たなステージに突入したことになりますが、 識者は今後の動きをどう見るのでしょうか。 台湾出身の評論家・黄文雄さんは今回、 メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、 中国・韓国の真実」』で、香港へのアメリカの介入により、 「米中の対立が経済問題から人権・自由といった価値観の問題へと明確に転換した」と断言するとともに、 香港デモが長期化する背景について解説しています。 【中国】アメリカで「香港人権法案」が成立、今後何が起こるのか? トランプ大統領は、アメリカ議会を圧倒的賛成多数で通過した 「香港人権法案」に署名したことで、同法案が成立しました。 ●トランプ大統領の署名で香港人権法が成立-中国はあらためて報復警告 この法案は、香港に高度の自治を認めた「一国二制度」が 守られているかどうかについて、 毎年の検証を義務付けるとともに、 香港の「基本的自由・自治」が損なわれたり、 市民の人権が侵害されたりした場合、その責任者や当局者、 加担した企業などに制裁を科すものです。 また、 本文へ***>>> 出典:*****

つづきを読む

男性を信用しない捨て犬の保護に苦戦…そこで通りすがりのおばあさんに!

***男性を信用しない捨て犬の保護に苦戦…そこで通りすがりのおばあさんに! 食べ物に寄ってくるが人を警戒する犬 通報・発見 足に怪我をし、皮膚病に侵されて飼い主に捨てられた「ドウギ―」。 保護を依頼された保護団体 HOPE FOR PAWS の代表エルダッドさんは、 道路を歩くドウギ―を発見し、食べ物でおびき寄せます。 ついには手から直接食べますが、気を抜かず、いつでも後退できるような雰囲気です。 ドウギ―は特にひもを警戒しています。 保護がうまく行く時は、手から食べている犬の首が輪に 入ったところでひもをしぼって確保完了となるのですが、ドウギ―は、そうはさせてくれません。 エルダッドさんはドウギーとの距離を縮めるために2時間以上そこに座っていました。でも信用してもらうことはできませんでした。 「犬を虐待するのはほとんど男性なので、自分が男性であることも障害になってしまいます。」 困っているところに、おばあさんが通りかかりました。 女性ならうまくいくかな?と、この人にひもを渡して確保を頼んでみました。 すると、10分もせずにすんなりと成功! 犬は人の性別を見て判断することもあるのですね。 お互いにお疲れさまでした。 車に乗った時にはすっかり信頼関係を築いたようですね。 これから病院で足の怪我や皮膚病の治療が始まるでしょう。 それから 本文へ***>>>

つづきを読む

小室圭さんへの怒りか…秋篠宮「最後通牒」の衝撃と美智子さまの心労

***小室圭さんへの怒りか…秋篠宮「最後通牒」の衝撃と美智子さまの心労 ご結婚はすでに「無くなった」…? 「秋篠宮さまと紀子さまは、 眞子さまと小室さんのご結婚はすでに 『無くなった』ものとお考えのようです。 このご意向は眞子さまにも、 紀子さまより伝えられています。 眞子さまは、小室さんとは引き続き連絡を取り、 小室家側の弁護士と相手の男性との話し合いの進捗をお尋ねになっているのですが、 くだんの金銭トラブルに関しては平行線のままだというのです」 (秋篠宮家に近しい関係者) 11月30日、54歳の誕生日を迎えた秋篠宮の、 恒例の記者会見での談話が明らかになった。 何と言っても注目されたのは、 長女・眞子さまとその「婚約内定者」である小室圭さんとの関係について、 秋篠宮が何を語るかであった。 昨年の誕生日会見。秋篠宮は、 〈多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、 婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません〉 〈結婚したいという気持ちがあるのであれば、 それ相応の対応をするべきだと思います〉 こう述べて、小室さんを突き放した。 残された時間はあと2ヵ月 世間はこの踏み込んだ表現に衝撃を受けた。 秋篠宮からおふたりに対する、 事実上の「婚約破棄」勧告であると受け止める国民も、少なくなかった。 この発言の背景には、 昨年2月に突如として宮内記者クラブで行われた、 眞子さまと小室さんの「結婚延期」発表がある。 本文へ***>>> 出典:*****

つづきを読む

「朝ごはんの用意をしていたら……」かわいすぎるパン泥棒に癒やされる人続々

****「朝ごはんの用意をしていたら……」かわいすぎるパン泥棒に癒やされる人続々 朝ごはんの用意をしていたところ、食パンをつまみ食いする娘さんの姿を発見したというTwitterユーザーのもも(@2461eb2b68114f1)さん。 かわいすぎる証拠写真にメロメロになる人が続出していました。 朝ごはんの用意をしていたらパンかじってた… — もも@1y3m (@2461eb2b68114f1) November 26, 2019 from Twitter パンをひとりじめしていたのは、現在1歳3ヶ月の娘さん。 小さな手で食パン丸ごと1斤を掴み、一心にかじりついています。 パンはこのあとすぐに取り上げたとのことですが、 ももさんはこの光景についてリプライ欄で 「親が楽しみにしていたのに先に食べられてしまいました 普段はカット済のパンだから大きなパンに興奮したのかも」と語っています。 ツイートを見た人からは、 ・子供の無邪気ってたまりませんね ・かわいい 手と足はクリームパンかしら? ・高級パンの味を知ってしまったのですね…! ・か、可愛くて怒れない…!ちっちゃいお手手がパンを掴んで…まるでハムスター…!! ・パンに乗っかるほっぺが愛しすぎる… といった声が寄せられていたほか、「うちにもいました!」と同様の事件を写真で報告する人も多数現れ、リプライ欄にも癒やしの光景が広がっていました。 育児をしていると日常のふとした時にこんな可愛い姿がある。だから世の中のママは大変な育児も頑張れるんです。 — もも@1y3m (@2461eb2b68114f1) November 27, 2019 from Twitter ※もも@1y3m(@2461eb2b68114f1)さんのTwitterより引用 https://twitter.com/2461eb2b68114f1 ―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』 (執筆者: しゃむ)※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか ―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』 続き本文へ 出典:*****

つづきを読む

これが本当の“箱入り娘”、段ボールすっぽり姿に大人たち悶絶「かわいすぎてやばい」

***これが本当の“箱入り娘”、段ボールすっぽり姿に大人たち悶絶「かわいすぎてやばい」 **ネットの声*** 「人形かと思って見た瞬間怖かった」 「こわ。 可愛いよりさきに「怖」だった。」 「この娘は可愛いだろうと思うけど、 箱に入っているのが、正直怖いです、、、。 ((((;゚Д゚)))))))」 ***記事内容*** 段ボールにすっぽり収まった姿にインスタグラム上で大きな反響があったさきちゃん。 2人のお兄ちゃんがいる末っ子娘で、 日々更新される兄妹の仲良しショットも微笑ましい。 現在2才のさきちゃんの素顔をお母さまに聞いた。 ■兄「わがままだけど大切な妹」、家族みんな仲良しで子育ては毎日感動 ――なぜ段ボールに入ることになったのですか。 ちょうど歩き始めて色々なものに興味がある月齢で、 段ボールにも入りたがって。 入ってみるとしっくりきたみたいで、 段ボールの中で落ち着いちゃいました(笑)その瞬間の激写でした。 ――以前から赤ちゃんモデルをしていたさきちゃんでしたが、 この写真の反響はいかがでしたか。 投稿して数日後には沢山のアカウントにシェアして頂き、 いいね数もフォロワー数も増え、投稿保存件数は3000件超え、 1年半たった今でもシェアされて続けています。 この写真で娘を知っていただけた方も沢山いると思います。 ――日々の投稿から、さきちゃんのおてんばっぷりが感じられます。 普段からかなり活発女子です。 変な顔したり変な動きしたりいつも笑わせてくれます。 子供は家族を笑顔にする為に生まれてくるって聞いたことがあるんですが、 まさにそんな感じで、沢山笑わせてくれる子です。 続き本文へ***>>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000312-oric-ent

つづきを読む

韓国政府「日本がホワイト国復元を提案…1カ月程度かかると話した」

***韓国政府「日本がホワイト国復元を提案…1カ月程度かかると話した」 **ネットの声*** 「韓国政府の発表は信用できないですよね。GSOMIAもいまだに交渉カードだと思っているみたいだし。それを破棄するぞと脅されたところで日本が譲歩する必要など全く無いわけです。」 「日本はGSOMIAと輸出管理強化は別問題と言い続けてきたし、対外的な発表もその通り。 そもそもGSOMIAを交渉材料に使ったことで、韓国は怒りを買ったのに、また交渉に使おうとするのは余程の度胸だ。 韓国は何が何でも輸出強化を撤回しなければ、国内でメンツが立たないのであろう。 昨日の官房長官の発表通り、非生産的な議論なので無視をすればよい。 もしこれ以上言うのであれば、今噂されている、日韓首脳会談を中止すればよい。」 「十中八九いつものKの嘘でしょうが、百歩譲って仮にそれが事実だとして、日本がKをホワイトに戻すような事があれば現政権は支持率を大きく減らすし、世界からの信頼もなくすでしょうね。 そんなリスクをおかすとはとても思えないわ。」 ***記事内容*** GSOMIA終了延期の顛末を公開 「日本が終了7日前に局長級協議を提案し 立法予告期間などが必要と説明」 「譲歩していない」マスコミ操作に反撃 1、2カ月後にも輸出規制を解かないならば 原則に則り「GSOMIA終了」検討の立場  軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の「条件付き終了延期」につながった韓日政府間の水面下交渉の過程で、 日本側が「ホワイト国」(輸出審査優待国家、 現在は「グループA」)復元に必要な手続きのために1カ月程度の時間がかかる」 という趣旨の説明をしていたことが分かった。 韓国政府は、日本がこのように具体的に協議を提案しておきながら、 「韓国に何の譲歩もしていない」というマスコミ操作をしていることに対して、 真っ向から対抗している。 韓国政府は、今後1、2カ月程度の協議状況を見守った後、 輸出規制問題が解決されないと判断されれば原則に則り 「GSOMIA終了」を検討するとの立場だ。 続き本文へ***>>> 出典:***** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00035065-hankyoreh-kr

つづきを読む

韓国国防相、日韓GSOMIA終了決定の撤回に含み「それも一つの手段」

***韓国国防相、日韓GSOMIA終了決定の撤回に含み「それも一つの手段」 【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は18日、 韓国政府の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了決定に関連し、 決定を撤回することに含みを持たせる発言を行った。  鄭長官はこの日、国会による国政監査で、日本とのGSOMIAについて、 「国防部としては、それ(GSOMIA)も一つの(安全保障のための)手段であるため、 役立つ部分は明確にある」とし、 「まだ機会は残っていると思われる」と述べた。   韓国政府は8月22日に日本とのGSOMIAの終了を決定。 同協定は11月23日午前0時に失効する。 鄭長官の発言は、日本との交渉次第では、 決定を撤回する可能性があることを示唆したものと受け止められる。 鄭長官は2016年11月に発効したGSOMIAに基づき、 韓日両国が交換した情報は32件とし、 韓国よりも日本側が求めた情報が多かったと説明した。 ただ、交換した情報の具体的な内容については明らかにしなかった。 また最大野党「自由韓国党」所属議員から、 GSOMIAは韓国に とって役立たないと判断するかと問われ、 「国防部長官としては、国家安保に0.001%のリスク要素もあっては ならないという立場で、 可能ならば活用できるすべての手段と方法を講じるのが良いという考え」と答えた。 一方、17年5月に文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足してから、 北朝鮮がミサイル発射などの挑発行為をしたのは20回で、32発のミサイルを発射したと説明した。 ***>>> 出典:***** https://news.livedoor.com/article/detail/17253589/

つづきを読む

ダム巡り高まる民主党批判に元代表が怒り 「みっともない」などと炎上

**ダム巡り高まる民主党批判に元代表が怒り 「みっともない」などと炎上 17日、元民主党代表の岡田克也議員が、 スーパー堤防や八ッ場ダムの建設を一時中止したことについて 民主党政権が批判されていることに対し、 強烈に怒りを見せるような発言をしたと報じられ、 呆れる声が広がっている。  10月12日から13日かけ東日本を襲った台風19号は、 各地に甚大な被害を与えた。その殆どが河川の氾濫による水害で、 より高い堤防があれば防げたのではないかと指摘されている。  そして、関東の水源である利根川が氾濫せずに済んだ理由は、 民主党政権が「必要ない」として建設を一時中止した八ッ場ダムが 大きな役割を果たしたことから、民主党政権への批判が集中している状況だ。  そんな情勢に業を煮やしているのが、 立憲民主党や国民民主党に移った旧民主党政権の議員たち。 17日にはリアルライブでも既報の通り、 立憲民主党・福山哲郎幹事長が「台風対応に懸命に取り組まなければいけないのに、 批判すること自身がナンセンス」と不快感を見せたことが報じられ、 国民の怒りは増し、17日には「民主党政権」がTwitterのトレンドに入った。  この状況に黙っていられなかったのが、 民主党政権時代に外務大臣や党幹事長を歴任し、 代表経験を持つ岡田克也氏。高まる批判について記者団に対し、 「1つの事例を捉えて大規模ダムの建設を正当化するのは当たらない。 それならば、全てスーパー堤防にして、全部ダムを造ればいい」と語ったと報じられた。   ***>>> 出典:*****

つづきを読む

六本木デートは「調子乗ってる」?夫の地元友達の態度に衝撃

**六本木デートは「調子乗ってる」?夫の地元友達の態度に衝撃 夫の地元コミュニティの人々に初めて会う時には緊張したという人もいるのではないでしょうか?  そんな時にお互いの価値観が大きくちがった場合には、手荒い洗礼を受けることも…。  都内の某玩具メーカーで働くカエデさん(仮名・29歳)は、生まれも育ちも東京都。職場恋愛だったマコトさん(仮名・29歳)とは結婚して半年になります。  お盆休みに、夫婦でマコトさんの実家のある山形県を訪ねたときのこと、カエデさんは大きなカルチャー・ショックを受けたのでした。 ◆夫の中学時代の同級生たちと飲むことに  カエデさんにとって山形県は、結婚の挨拶に続きこれが2回目。山間にあるマコトさんの実家は、前回同様温かく迎えてくれました。お墓参りなどを済ませて実家で過ごしていると、マコトさんのスマホが鳴りました。  電話の主は地元に住む中学時代の同級生で、どこから聞きつけたのか、マコトさんが夫婦で帰郷していることを知っていたのです。その情報網の早さにカエデさんが驚くと、マコトさんは「よくあること」と笑いながら、 「今夜、中学の同級生たちが集まって飲むから、奥さんと一緒に来ないかってさ。もしよかったら、カエデのことみんなに紹介したいなと思うんだけど、どうする?」  出席者は県内に住む人たちばかりで、マコトさんも久しく会っていないとのこと。同級生に紹介してもらえることを嬉しく感じたカエデさんは、マコトさんの提案を快諾しました。  地元の居酒屋には、すでに男女計8人が集まっていました。カエデさん夫婦が到着すると、久しぶりの再会と結婚の祝福で、一気に場はにぎやかに。けれどもカエデさんの挨拶に対しては、女性陣の反応は極めて薄いものでした。 続き本文へ***>>> 出典:***** https://news.livedoor.com/article/detail/17244817/

つづきを読む